ずっと知りたかった!歯を白くする方法まるわかりガイド

キレイな歯をめざす人必見!歯を白くする方法をがっちり調査しました

歯を白くする方法をリサーチ!コスパが良くて効果的な方法は?

このサイトは、「歯を白くする方法」でお悩みの皆さんに向けて、その方法を徹底リサーチしてまとめているサイトです。

まずこのトップページでは、歯を白くするためにできることとして、どんな方法があるのかを、簡単な比較表にしてみました!

クリニック
方法 クリニックで歯の表面に特殊な薬剤を塗布して歯を白くする「オフィスホワイトニング」と、クリニックで作った自分の歯型のマウスピースに専用薬剤を入れ、自宅で装着して歯を白くする「ホームホワイトニング」がある。
価格帯 オフィスホワイトニング:数万円~20万円程度
ホームホワイトニング:約1~5万円程度(薬剤の本数などにより異なる)
効果 厚労省で医療行為と認められている「歯の漂白」を主とした施術をしてもらえるため、高い効果を実感できる。
メリット 効果をもっとも実感できる
比較的即効性がある
デメリット コストがかかる
白さを保つには継続する必要があり、追加施術などでさらにコストがかさむ
来院(通院)が必要なため、忙しい人には不向き
交通費などの雑費がかかる

エステサロン
方法 一般的に、デンタルリンスや歯磨き等に含まれている医薬部外品の薬剤(メタリン酸ナトリウムやポリリン酸ナトリウム等)と、LEDライトなどの機器を使用することによって、歯に付着した汚れを落としていく。
価格帯 数千円~数万円/1回
効果 クリニックで行なわれるクリーニングに近い効果が期待できる。
メリット クリニックに比べるとお手頃
デメリット 白さを保つには継続する必要があり、コストがかかる
クリニックのような医療行為による施術を受けられないため、そのぶん効果も感じにくい
来店しなければならないため、忙しい人には不向き
交通費などの雑費がかかる

ホワイトニング液@自宅
方法 通常の歯磨き粉とは違い、歯の表面に付着した汚れや色素、ヤニ等の除去が期待できる成分を含んでいるものが一般的。
使用方法は、製品にもよるが、通常の歯磨きとほとんど変わらない。
価格帯 数千円~1万円弱
  歯の表面に付着した汚れや色素、ヤニ等の除去が期待できる。
メリット コストパフォーマンスが高い
歯磨き粉のように、毎日手軽に使える
料金がお手頃で無理なく継続でき、白さをキープできる
マニキュアのように不自然な白さにならない
研磨剤を使用していないものも多く、歯の表面への負担が少ない
デメリット 即効性はない

白くなる歯磨き粉@自宅
方法 一般的に、ステインを浮き上がらせるための成分と、歯の表面に付着した汚れを落とす研磨剤が配合されていることが多い。
使用方法は、製品にもよるが、通常の歯磨きとほとんど変わらない。
価格帯 1,000円前後~5,000円前後
効果 歯の表面に付着した汚れや色素、ヤニ等の除去が期待できる。
メリット ふつうの歯磨き粉と同様、毎日手軽に使える
料金がお手頃
無理なく継続でき、白さをキープできる
マニキュアのように不自然な白さにならない
デメリット 即効性はない
研磨剤が入っているものは、磨きすぎると歯にキズができ、かえって着色しやすい歯になってしまう

専用マニキュア@自宅
方法 いわゆる爪のマニキュアのように、表面に専用塗料を塗ることによって歯を白く見せる。対症療法。
価格帯 1,000円前後~5,000円弱
効果 実際に白くなるわけではないが、表面を白く塗ることで白い歯に見せてくれる。
メリット 即効性がある
一見してわかるほどに白くなる
普通の歯にはもちろん、銀歯や差し歯、神経のない歯などにも使える
料金がお手頃
デメリット ムラになりやすい
塗ったところに厚みが出てしまう
すぐに取れてしまう
本当に白くなるわけではない
白さが不自然になりがち

その他の市販グッズ@自宅
方法 重曹をつかう、専用の消しゴムをつかう、家庭用ホワイトニング機器をつかう、など
価格帯 アイテムにより異なるが、安いものであれば数百円、高いもので1万円以上。
効果 アイテムによるが、歯の表面に付着した汚れや色素、ヤニ等の除去を期待する効果のものが一般的。
メリット 料金がそれなりにお手頃
自宅で手軽にできる
デメリット 重曹や専用消しゴムの場合、使いすぎると表面のエナメル質を痛める可能性が高く、かえって歯の変色を促してしまう
お手頃なぶん、効果もそれなりの場合が多い

コストパフォーマンスに優れるホワイトニング液がイチオシ!

さて、いかがでしょうか?

歯を白くする方法として、まず、

  1. プロによるホワイトニング(クリニック、エステサロン)
  2. 自宅で手軽にできるホワイトニング(ホワイトニング液、白くなる歯磨き粉、専用マニキュア、その他の市販グッズ)

白く輝く歯!があり、それぞれの方法についてメリット&デメリットがあることが、おわかりいただけたと思います。

そして、歯の白さをキープしていくためには、なによりも“継続ケアが必要”であることもわかりますよね。

一度白くてキレイな歯が実現したとしても、それがすぐ元どおりになってしまったのでは意味がありません。

それこそ、お金の無駄になってしまいます…。

そういった点を考慮すると、やはり、無理なく手軽に続けられるホワイトニング、つまり、“自宅でのホワイトニング”がもっともオススメできる方法と言えるでしょう。

そして、自宅でのホワイトニングの中でも、より費用対効果の高さが期待できるのが、市販のホワイトニング液(美容液)をつかった方法です。

このサイトでは、とくにコストパフォーマンスに優れた市販のホワイトニング液をピックアップし、比較ランキングして発表しているので、ぜひ、手軽で効果的な自宅ホワイトニングを検討している方はチェックしてみてくださいね!

きっと参考にしていただけると思います。

歯を白くするホワイトニング美容液のランキングをチェック!

このサイトの情報は個人が調べたものです(2014年12月現在)。
特に製品情報については、公式ページをかならず確認してくださいね。