ずっと知りたかった!歯を白くする方法まるわかりガイド

キレイな歯をめざす人必見!歯を白くする方法をがっちり調査しました

歯を白くする方法まるわかりガイド » 白い歯の輝きを保つ方法 » まず知っておこう!歯が汚れる原因

まず知っておこう!歯が汚れる原因

歯の黄ばみや歯の黒ずみの原因について、くわしく解説しているページです。

ホワイトニングを始める前に、ぜひ知っておきましょう!

そもそも、歯の黄ばみや黒ずみの原因って…?

ひとくちに歯の汚れと言っても、その原因はさまざま。

食べ物やタバコによる着色汚れはよく言われているとおりですが、虫歯が原因となっているものや先天的なもの、また、加齢によるものなども考えられます。

自分の気にしている汚れが何によるものかわかれば、改善法も選びやすいですね。

まず、よく耳にする言葉、「ステイン」

これは、食べ物や飲み物、煙草のヤニなどが原因で発生する“着色汚れ”のこと。

洋服に付いてしまったシミをイメージするとわかりやすいでしょうか。

こびり付いて蓄積してしまったステインは、毎日の歯磨きだけではなかなか落とせません

「私はタバコ吸わないから大丈夫!」なんて思っている方がいるかもしれませんが、それは大きな間違い。

ふだん口にする機会が多いコーヒーや紅茶、緑茶などにも、歯に着色しやすい色素が含まれているので、決して油断はできません。

放置しておけばおくほど着色しやすいものなので、日頃からしっかりケアを心掛けたいものです。

以下に、歯の着色汚れを発生させやすい飲食物を挙げてみました。 

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • 烏龍茶
  • コーラ
  • 赤ワイン
  • カレー
  • チョコレート
  • ケチャップ
  • マスタード
  • ブルーベリー など…

また、気になっている方も多いであろう、歯の黄ばみについて。

これにかんしては、実は加齢にともなって起こる場合が多いのです。

歯は黄色みを帯びた象牙質であり、半透明なエナメル質で覆われているので、そもそもが少し黄色っぽく見えるものです。

これが、年齢を重ね、エナメル質が徐々に薄くなってくることで、さらに透けてくすみがかって見えるようになる、というわけなのです。

さらに、抗生物質による副作用や、歯髄内出血の影響などによって変色が起こる場合もあります。

いずれにせよ、適切でこまめなケアの習慣が、黄ばみや黒ずみなどの着色を予防するのです。