ずっと知りたかった!歯を白くする方法まるわかりガイド

キレイな歯をめざす人必見!歯を白くする方法をがっちり調査しました

歯を白くする方法まるわかりガイド » 白い歯の輝きを保つ方法 » 白い歯を長持ちさせるには?

白い歯を長持ちさせるには?

白い歯になるには?という疑問をお持ちの方に向けて、まず歯の汚れを防ぐためにふだんから気を付けるべきポイントや方法を紹介しているページです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

白い歯になるには?ふだんから気をつけたいポイントをチェック!

ホワイトニングで歯の白さを長持ちさせる前に、ふだんからどのような点に気をつけていれば歯の汚れを極力防げるのか、その方法をぜひ知っておきましょう。

以下に、覚えておいてほしいポイントをまとめてみました!

研磨剤が含まれた歯磨き粉やジェルなどをつかって強く磨きすぎたり、必要以上に磨きすぎたりしてしまうと、かえって逆効果になってしまう可能性があります。
表面のエナメル質を薄くしてしまい、歯の黄ばみを引き起こしたり、あるいは表面にキズが付いて、より着色しやすい歯になってしまうことが考えられるからです。
頻度や強さがあればよいというものではないので、適度な強さ、回数でのケアを心がけてください。
煙草のヤニは、白くてキレイな歯の大敵
わかっていながら吸ってしまうという人も多いとは思うのですが、できるだけホワイトニングケアを積極的に行なって、ヤニ汚れを防ぎましょう。
ちなみに、専用の歯磨き粉などには強い研磨力を持つものも多いため、強く磨きすぎたり、過剰な使用には注意してください。
「フルーツ大好き!」「美容のためにビタミンC入りのドリンクをよく飲む!」「ポリフェノール豊富なワインを嗜む」という方も、注意が必要。
一般的に「健康・美容に効果的」と言われているものではありますが、実は、酸が強いため、歯のエナメル質にキズを付けてしまう原因にも繋がるものなのです。
これらを口にした後は、できるだけ早く口内の酸を中和してあげるようにしましょう。
お茶や水などで口の中をすすぐなど、食べた後のケア方法を頭に入れておくとよいですね。
赤ワインやコーヒー、烏龍茶や紅茶、またソースやケチャップを使用したお料理など、色の強いものを食べることによって、歯の表面に付着した色素は徐々に沈着していってしまいます。
こういった食事の後は、すぐに口をすすぐ、歯を磨くなど、食後のケアを心掛けましょう。
歯ブラシは、できるだけこまめに交換することをおすすめします。
古くなってしまった歯ブラシはどうしても本来の機能が弱まり、丁寧に磨いたとしても、しっかりと歯垢を落とし切れていない場合が多いのです。
交換時期の目安としては、もちろん個人差もありますが、まずは1ヵ月程度を目安にしてみると良いとかもしれません。

白い歯を保つための手軽な方法とは?